東急設計コンサルタント

会社概要About

社長ご挨拶

綿々と受け継がれてきた安全・安心、
そして快適に生活できる「まちづくり」のために

取締役社長 大野 浩司

当社は、1973 年( 昭和48 年) に東京急行電鉄および東急不動産の技術者による「総合設計コンサルタント」として設立されました。東急グループのインハウス設計事務所としてスタートし、そこで培った多くの知識・経験、さらに信頼を得ることでグループ外の多くのお客さまのプロジェクトにも参画し、集合住宅や交通施設、商業施設、事務所、ホテルなどの設計監理、および土地区画整理事業などの開発関連業務のコンサルタント業務を、常に事業者のパートナーとして多くの実績を積み重ねてきました。私たちは、お客さまの求める半歩先一歩先を提案、具体化することを心がけ、企画・開発・土木・建築の各専門部門を有する総合設計コンサルタントとして、お客さまの事業展開のお役にたつよう当社一丸となって取り組んでおります。

今、私たちを取り巻く環境の大きな変化をとおして、従来の経済性、合理性に基づく発想・考えからの脱却といったパラダイムシフトが起こっており、コンサルタントである私たちにとってもこの大きな変化への柔軟な対応が求められております。これらを踏まえ当社設立以来、綿々と受け継がれてきた安全・安心、そして快適に生活できる「まちづくり」を担うとともに、お客さまや社会に貢献できる新しい価値を創造することで、社会性と事業性の調和を図りながら全てのプロジェクトに取り組んでまいります。

今後とも、なお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

  • 名称
  • 本社
    TEL:03-3715-1561
    〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-1-33 地図
  • 大阪支店
    TEL:06-6292-1600
    〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-14-8(梅田北プレイス2F)地図
  • 資本金
    1億円
  • 設立
    1973年4月(昭和48年)
  • 主な業務内容
    ■建築ならびに土木に関する企画、調査、設計、工事監理
    ■地域開発に関する企画、調査、設計
    ■土地利用・事業計画のコンサルタント
  • 従業員数
    従業員数 248名
    (1級建築士133名 技術士10名)

    2018年4月1日現在

  • 役員
    取締役社長 社長執行役員
    大野 浩司
    取締役 専務執行役員
    伊庭 幸二
    取締役 常務執行役員
    中曽根 敬典
    取締役 常務執行役員
    安達 朗
    取締役 執行役員
    深尾 俊之
    取締役
    西村 隆徳
    取締役
    星野 浩明
    常務執行役員
    伏野 隆
    常務執行役員
    村田 豊
    執行役員
    大場 雅仁
    執行役員
    吉田 博
    執行役員
    山井 英樹
    執行役員
    髙木 幸二
    執行役員
    小池 善弘
    執行役員
    手島 誠志
    執行役員
    小林 真
    監査役
    杉浦 力
    監査役
    青木 太郎

    2018年4月現在

沿革

  • 1963年(昭和38年)
    東急不動産に設計監理部を新設(東京急行工務部、東急不動産技術部の技術者等約50名)
    南平台東急ビル(東急スカイライン)で業務開始(7月)
  • 1972年(昭和47年)
    従業員数100名に
  • 1973年(昭和48年)
    東急不動産より分離独立し、(株)東急設計コンサルタント設立 資本金5,000万円(4月)
    東急不動産から東京急行へ当社株40,000株を譲渡(12月)
  • 1974年(昭和49年)
    大阪事務所を支店(8名)とする(10月)
  • 1976年(昭和51年)
    本社ビル(中目黒3-1-33)を購入し、増改築後に移転
  • 1989年(平成元年)
    従業員数200人を突破し223名に
  • 1992年(平成4年)
    資本金を1億円に増資(2月)
  • 1999年(平成11年)
    ISO9001認証取得
  • 2003年(平成15年)
    ISO14001認証取得
  • 2013年(平成25年)
    創立40周年

組織

組織図
 

経営理念

株式会社東急設計コンサルタントは、総合生活産業たる東急グループの一翼を担う企業として、その使命と役割を十分に認識し、社会と人々の多様な価値観に対応した質の高い技術を提供することにより、美しい生活環境の創造のために貢献しうる企業として、永久に事業の継続と成長発展を図ることを目的として活動する。

品質・環境方針

品質ISO9001

認証取得について

わたくしたちは、ISO9001の導入に伴い、これまで培ってきた業務システムを見直し、顧客の要望に確実に応えられるシステムへと再構築してきました。また、 ISO14001を取得したことで、品質の向上に加え、環境保全に関する提言・提案を行うことで、社会のニーズに対応したより質の高い技術を提供し、顧客満足の向上を目指していきます。

認証の概要
認証番号
BCJ-QMS-0064
会社名及び事業所名
株式会社東急設計コンサルタント 本社、大阪支店
認証日
1999年6月28日(2017年2月1日再認証)
適用規格
BCJ-QMS-0064
認定範囲
建築・土木の設計及び監理業務
認証登録機関
一般財団法人 日本建築センター
品質方針

豊富な経験と高い職業倫理に基づいた設計・監理業務を展開することにより、顧客の求める質の高い技術を提供し、顧客満足の向上を志向する。そのために個々の技術の向上を図り、顧客要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を行い、効果的な組織体制を維持する。また、全社員・全組織が目標を共有して、調和のとれた活動を行う。

環境ISO 14001

認証取得について

わたくしたちは、東急グループの一員として「自然環境との調和を目指し、美しい生活環境を創造する」と定めたグループの経営理念に基づき、環境問題に対し、自らが当事者であると認識し、積極的に取り組んでまいります。特に設計・監理業務を通して環境の保全や改善についての提言・提案を行い、社会のニーズに対応した技術を提供することで企業としての社会的責任を全うしてまいります。

認証の概要
認証番号
BCJ-EMS-0076
会社名及び事業所名
株式会社東急設計コンサルタント 本社、大阪支店
認証日
2003年2月1日(2017年2月1日再認証)
適用規格
JIS Q 14001:2015(ISO14001:2015)
認定範囲
建築・土木の設計及び監理業務
認証登録機関
一般財団法人 日本建築センター
環境方針

株式会社東急設計コンサルタントは、自然環境との調和を目指し、「美しい生活環境の創造のために貢献し得る」経営を行い、企業の社会的責任を全うする。当社は、実施する事業活動が環境に与える影響を把握し、その環境負荷を改善すべく、環境マネジメントシステムを導入・確立し、維持する。

  • 1.事業活動が環境に与え又は与え得る環境影響を的確に捉え、その評価結果を考慮した環境目的・目標を設定し、活動する。
    また、内部監査を実施し、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  • 2.当社が行う活動に関わる環境影響の内、汚染の予防を含む環境保全活動の重点項目を以下とし、推進する。
  • (1) 循環型社会の形成を促進するため、事業活動に伴って発生する廃棄物の削減に努め、廃棄物の適正な処理を行う。また、リサイクルに積極的に取り組む。
  • (2)地球温暖化を抑制し、貴重な天然資源を次世代に引き継ぐため、社屋内等での省エネルギー活動に取り組む。
  • (3)地域の環境保全活動への参加を通し、社会に対する責任を果していく。
  • (4)環境に配慮した製品を優先的に購入する等の「グリーン購入」を推進する。
  • (5)当社の事業である設計・監理業務を行っていく中で、顧客に対し環境負荷を削減する提案を積極的に行う。
  • 3.環境関連の法規制及び当社が同意する業界団体が定める規範等を明確にし、遵守する。
  • 4.環境方針を確実に実施するため、嘱託・派遣社員を含む全社員に周知徹底すると共に、教育により社員一人ひとりの環境問題への意識を高める。
  • 5.環境方針及び環境保全に対する取り組みは求めに応じ公表する。

東急グループコンプライアンス指針

私たちは、東急グループの一員として、グループ理念を具体化し、これを実践するために、行動の基本原則を以下の通り定めます。
        
        
1. お客様から信頼され愛される東急ブランドを確立するために
        
(1)お客様の安心と信頼を基本としたクオリティある商品・サービスを提供します。
(2)お客様とのコミュニケーションを重視し、誠実に情報を提供することはもちろん、お客様の声を業務運営の改善に活用します。
        
2. 投資家の皆様から正しい評価を得るために
        
(3)長期的かつ継続的な企業価値の増大を目指して、事業活動を誠実に推進します。
(4)投資家の皆様からの信頼を基本とし、適時かつ適正な情報を誠実に提供します。
        
3. 健全・公正な市場競争を展開し、事業の発展を目指すために
        
(5)不合理な商慣習には従わず、公正かつ透明な取引を行います。
(6)他者の財産や権利を最大限尊重し、公正さと優しさの観点から最適な経営資源の調達を行います。
        
4. 企業は社会的存在であることを認識し、社会の発展のために
        
(7)地球環境問題に積極的に取り組むとともに、自然環境との融和をめざした事業活動を行います。
(8)よき企業市民として、地域社会との協調・連携をはかるとともに、社会貢献活動を継続的に実施します。
        
5. 東急ブランドの担い手として、自己の責任を果たすために
        
(9)あらゆる場面で、法規範・社内規律を遵守し、社会的良識に従った適正な行動をとるとともに、責任をもって誠実に業務を遂行します。
(10)知的財産や情報が重要な会社財産であることを強く認識し、その取り扱いには細心の注意を払います。
(11)企業発展の原点が「人」であることを基本に、互いに人格を尊重し、人の活きる職場環境を目指します。
(12)定期的かつ継続的に業務の自己監査を行うことで革新に努め、業務の改善を行います。
                 

次世代認定マーク「くるみん」の取得

        
くるみんマーク
        
次世代育成支援対策推進法に基づき、行動計画を策定した企業のうち、行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、「くるみん認定」を受けることができるものです。
        
東急設計コンサルタントが評価された実績と取り組み
        
  1. 一般事業主行動計画(期間:2011年~2015年)の目標を達成したこと
    1. ・ 育児・介護に関する情報等と相談窓口の周知としてリーフレット発行(2015年1月)
    2. ・ 年次有給休暇取得奨励日を設置
  2. 育児休業制度・育児短時間勤務制度で法定要件以上の制度に改定したこと
    1. ・ 育児休業の対象となる子供の年齢を2歳までとしたこと
    2. ・ 育児短時間勤務の対象となる子供の年齢を小学校卒業までとしたこと

※次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画はこちらを参照ください

Copyright© Tokyu Architects & Engineers INC.