東急設計コンサルタント

個人情報保護方針 Privacy Policy

2022年12月1日改定

株式会社東急設計コンサルタント(以下「当社」といいます)は、当社業務の遂行に伴い個人情報を収集、管理、利用する際には、本方針に従って取り扱います。

1. (法令等の遵守)
当社は、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます)、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下「マイナンバー法」といいます)その他関係法令およびガイドライン等を遵守いたします。
2. (社内体制)
当社は個人情報の取扱いおよびシステムに関して、社内規程および業務毎に必要なルールを策定し、個人情報保護を遵守する体制を構築いたします。
3. (個人情報の管理について責任を有する者の名称、住所及び代表者氏名)
株式会社東急設計コンサルタント
住所はこちら、代表者である取締役社長の氏名はこちらからご確認ください。
4. (利用目的)
当社は以下の利用目的に従い、取得した個人情報を利用します。
(1)下記の定款で定める事業目的に関し、顧客に対する営業活動及び顧客との契約の履行ならびにこれらに関連・付随する業務の遂行
①建築ならびに土木に関する設計、工事監理および請負
②地域開発に関する設計、工事監理及び請負
③上記各業を遂行するために必要な不動産取引に関する業務
④労働者派遣事業
⑤前各号に附帯する一切の業務
(2)契約または法令等に基づく当社の義務の履行および権利の行使その他、これに付随する諸対応
(3)人事・労務、研修、その他の雇用管理、福利厚生、これらに付随する諸対応
(4)採用活動に関連する諸対応
(5)マイナンバー法第19条第2号等に定める公務所等への提出
(6)当社業務の円滑な実施
(7)その他上記に関連する諸対応
5. (個人情報の収集)
当社が個人情報を収集する場合には、当社の利用目的の達成のために必要かつ最小限の範囲で、偽りその他不正の手段によらず適切に収集いたします。
6. (個人情報の利用)
当社が個人情報を利用するにあたっては、次に掲げる場合を除き、当社ホームページで公表する利用目的の範囲内で、かつ、違法または不当な行為を助長し、または誘発するおそれがある方法によらず適正に利用することとし、利用目的を変更した場合は変更した目的を当社ホームページにおいて公表いたします。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5)大学その他の学術研究を目的とする機関もしくは団体またはそれらに属する者に個人データを提供する場合であって、当該学術研究機関等が学術研究目的で取扱う必要があるとき(当該個人データを取扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に害するおそれがある場合を除く。)
7. (正確性の確保)
当社は、利用目的の達成に必要な範囲で個人データを正確かつ最新の状態に保つよう、適切な措置を講じます。また、利用する必要がなくなったときは、当該個人データを遅滞なく消去するよう努めます。
8. (安全管理措置)
当社は、個人データを厳重に管理し、不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏洩等に対する予防措置および安全対策を社内規程に従い講じます。
9. (社内教育)
当社は、従業者(役員、従業員および当社の指揮・監督の下で就業する派遣労働者)に対する個人情報保護についての教育訓練を行い、その内容を社内に周知徹底させます。
10. (委託先の監督)
当社が個人データを利用するにあたっては、個人データの処理業務の全部又は一部を第三者に委託することがございます。この場合、委託先を適正に選任し、適切な委託契約を締結し、委託先を適切に指導および監督いたします。
11. (第三者提供の制限)
当社は、次に掲げる場合を除き、本人の同意無くして、個人データを第三者に提供・開示いたしません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5)提供先の第三者が大学その他の学術研究を目的とする機関もしくは団体またはそれらに属する者である場合であって、提供先が個人データを学術研究で取扱う必要があるとき。(個人データを取扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)
なお、マイナンバー法に基づく個人番号および特定個人情報につきましては、法令による場合を除き第三者に提供・開示いたしません。
12. (保有個人データの開示・訂正等)
当社が保有する個人データに関して、本人が開示、訂正、利用停止等(以下総称して「開示等」といいます)を希望される場合には、当社が定める請求手続きにてご請求いただき、当社が所定の本人確認等を行い、その請求に理由があると判明した場合には、保有個人データの開示、訂正、利用停止等を行うものとします。
※ご請求方法
開示等のご請求を行う場合は「お問合せフォーム」からご連絡をお願い致します。当社で所定のご本人確認を行った後、手続き方法等についてご案内致します。
なお、当社の業務の遂行上支障があると判断される場合等においては、法令に反しない範囲で開示等を制限させて頂くことがございます。
13. (個人情報の取扱いに関する苦情の申出先)
当社の個人情報の取扱いに関する苦情については、「お問合せフォーム」からお申し出ください。
14. (仮名加工情報・匿名加工情報)
当社は、個人情報保護法に定める「仮名加工情報」、「匿名加工情報」を作成、利用する場合には、個人情報保護法その他関係法令およびガイドライン等を遵守し、適正に取扱います。
15. (個人関連情報)
当社は、個人情報保護法に定める「個人関連情報」を個人データとして取得、提供する場合には、個人情報保護法その他関係法令およびガイドライン等を遵守し、適正に取扱います。
16. (社内体制の継続的見直し)
当社は、個人情報の取り扱いに関する社内規程およびそれを実行するための組織体制について、有効かつ適正な運用が持続的になされるよう継続的な見直しと改善を図ってまいります。
Copyright©2024 Tokyu Architects & Engineers INC.