東急設計コンサルタント

東急ハーヴェストクラブ VIALA 鬼怒川渓翠

所在地
栃木県
主要用途
ホテル
建築主
東急不動産株式会社
竣工日
2022年9月
施工会社
三井住友建設株式会社
延床面積
9,900.12m2
構造
RC造、一部S造
階数
6F/B1F
約12,700㎡の敷地にわずか58室、客室面積58㎡~148㎡とゆとりのある設計で、全ての客室に鬼怒川渓谷の自然を間近に感じられる温泉露天風呂が付いており、プライベートに温泉を楽しめる空間を創出。
鬼怒川渓谷沿いという抜群のロケーションを活かし、渓谷の原風景を大事にしながら自然をより間近に感じられるよう取り込んだKINUGAWAテラス、屋上には、都会では体験することのできない星空を堪能できる星見テラスなど、リゾートならではの体験ができる施設が充実。
ワーケーション利用も想定し、最大高さ約8mの開放感ある窓から渓谷の自然を存分に感じながらラウンジで作業をしたり、チームビルディングの一環でファイヤーピットの炎を囲みながら語らうことができる。
Copyright©2024 Tokyu Architects & Engineers INC.