東急設計コンサルタント

ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts

所在地
京都
主要用途
ホテル
建築主
東急不動産株式会社
竣工日
2021/5
施工会社
株式会社竹中工務店
延床面積
12,378.02㎡
構造
RC造(一部木造及び鉄骨造)
階数
4F
竣工写真
Jimmy Cohrssen
『既存外資系ラグジュアリーホテルとの差別化』『シンプルでエレガントなデザインで感度の高いゲストに京都を深く体験させる』という事業者要望に対して「自然を受け止める器としての建築」を提案した。
 不規則で大らかな配棟は、風景と最適な距離と角度で繋がる事を意図しており、棟間に豊かな植生の「森」と巨大な「水盤」、深い軒の「外廊下」を配置する事で近・中・遠景のレイヤが場所ごとに多様な変化を見せる。
軒下は五感で自然を感じる場であると同時に、室内と屋外の繋がりを生み出す緩衝帯でもあり、軒の水平線は視線誘導や視界制御の機能も持っている。
Copyright©2022 Tokyu Architects & Engineers INC.